カテゴリー別アーカイブ: 活動報告

土間コンクリート復旧作業

2016年1月22日(金)10:00~14:00
1下水接続工事のために、溝斫り(写真のような状態)されていた土間を、コンクリートを流し込んで復旧する作業を行いました。

すでに練ってある生コンクリートを、ミキサー車で持ってきてもらえば、作業としては早いのですが、体験を兼ねて、手で練ってみることに。

今回はメンバー4人で作業を行いました。

2まずはホームセンターに行き、セメント25kgを3袋と、砂20㎏を6袋、砂利20㎏を9袋購入。
これで全部の土間を復旧するために必要な材料の半分です。

思ったより多いですが、とりあえずまずはやってみることに…

3舟にセメントを袋半分と、砂を一袋、砂利を一袋半を入れます。
約1:2:3の割合です。

4それらをある程度、スコップや左官鋤で空練りしておいて、ホースで水を入れます。
水を入れすぎないように、少しずつ入れながら混ぜて、適度な固さになったら、溝のところに流し込みます。

5鏝で高さを調整して、また次のコンクリートを作る、という流れです。

…というのは、私、宮崎がやった工程ですが、途中でメンバー山野くんが実演。

6砂とセメントだけで、十分に撹拌しておいて、水を入れてモルタルを作り、そこに砂利を入れるといいということでした。

材料を全て使い切ると、予定通り半分ぐらいの範囲に、コンクリートの流し込みが出来ました。

セメント3袋分は、4人で交代で混ぜても、けっこう重労働でしたが^^;

ある程度コンクリートが乾いたら、仕上げに鏝で押さえて完了です。

7でも、普通に仕上げるだけでは、つまらないので、一緒に買ってきた庭石を使って、ちょっとしたアートを。

乾く前に、石を埋め込み、模様を作りました。

何の模様にするか迷いましたが、以前、ここに猫が出入りしていたことを思い出し、コンクリートが乾く前に、猫に歩かれたという感じで、足跡風にしてみることに。

Yukaさんにデザインしてもらいました。

8仕上の鏝押えは、唯一それが出来る、山野くんにしてもらいました。
いつも頼れるオトコです。

残りの作業は、来月行います。
ご興味ある方は、体験、または見学に来てください!

(宮崎)

第7回ワークショップ(番外編?)【鍋ぱーてぃー】

2015年11月20日(金)19:00~22:00
会場:ヒロモリ家
11階の床張りが終わり、ご協力いただいた皆様に感謝の意味を込めて、真新しい床の上で鍋ぱーてぃーを開催しました。

実際の使い心地をためす機会にもなりました。

メンバー山野の料理の腕もあってか、鍋はとてもおいしく、楽しいひとときとなりました。

参加していただいた方の中には「毎日開催してほしい」とおっしゃる方も(笑)

ヒロモリ家のDIYリノベーションは、まだまだ続きますが、そんなわけで、まずは建物として利用できるようになりました。

これからは、外部の団体、個人さまからの持ち込み企画や、貸し会館としても展開していきたいと思っています。

(宮崎)

第6回ワークショップ開催

2015年10月23日(金)11:00~15:00
会場:ヒロモリ家

2前回のワークショップから一気に進んで、床フローリングはメンバー(山野)で貼り終え、今回はワックスがけ作業でした。

三重県尾鷲市で製造されている「未晒し蜜ロウワックス」を塗りました。

参加者はBlanc-Coメンバー、宮崎、松原の2名と、第5回のワークショップに来てくださった方が、また来てくださいました。

3名で作業スタート。

まずは掃除機をかけて、木の粉などを除去した後、ワックス塗を開始。

ワックスは、スプーンでスポンジに伸ばして、半畳ずつぐらい塗っては、ふき取るという作業を繰り返します。

蜜蝋ワックスは、出来るだけ薄く塗るのが基本のようです。

31人約8畳ずつ担当しましたが、1時間半ぐらいで完了しました。
意外に簡単でした。

これでようやく1階の床が使えるようになりました。

ヒノキと杉の無垢フローリングに、自然の材料しか使っていないワックスなので、とても健康的で安全です。

今回、この工事の他に、下水道接続や、のれん制作、パンフレット作成、そして2階の畳貼り替えを行ったのですが、それらは全て、日本商工会議所の助成金を使っています。

2/3を助成金で負担していただき、1/3はメンバーの会社、(株)清水屋、(株)宮崎建築事務所、(株)賃貸やで分割して負担しています。

その期限がだいたい今月中なのですが、そのために、今日でほとんどの作業が終わりました。

42階の畳も新しくなって、1,2階とも一気に使えるようになりました。
なお、畳は白子の平野製畳さんに作っていただきました。
国産の畳表です。

まだまだ直すべきところはありますが、ワークショップもDIYの作業だけでなく、建物として活用できるという、新しい局面を迎えることになりました。

これから、本格的に活用を検討していきます!

(宮崎)

第5回ワークショップ開催

2015年9月17日(木)18日(金) 9:00~16:00
会場:ヒロモリ家

1前回のワークショップで1階の床を解体し、大引きを敷くところまで行きました。

今回はいよいよ仕上の床張りまでを行いました。

17日(木)参加いただいのはネットの募集を見てきてくださった方が1名。
メンバー山野くんが公私ともにおつきあいしている、木工作家さんが1名。
同じく山野くんの会社、清水屋さんに職場体験で来ていた、白子中学校の生徒さん2名。

Blanc-Coメンバーは山野、宮崎、松原でした。

2まずは床下の断熱材、ポリスチレンフォームの厚さ30㎜を敷き込み。

墨出しをして、大引きの間に落し込むための専用金物を取付け、大引きの間の幅に切って、敷いていきました。

途中で金物や、ポリスチレンフォーム板が足りなくなるなどのハプニングもありましたが、買い足してことなきを得て(?)、無事終了。

3続いて下地のベニヤを敷き込み、厚さ28㎜のネダレス工法です。

これがけっこう難しいのではないかと、個人的に思いましたが、けっこう順調に進み、初日はほぼ下地まで終了しました。

女性メンバー松原さんや、中学生さんも、充電インパクトドライバーでベニヤのビス止めをして楽しそうでした。

418日(金)はワークショップと平行して、三重大学建築学科の学生さんが、実測にいらっしゃいました。

ワークショップにも参加いただいている、松浦先生の製図課題で、ヒロモリ家のリノベーション案を考えていただくことになったのでした。

学生さん3名と、大学院生さんが1名いらっしゃって、すみずみまで実測いただきました。

ワークショップのほうは、引き続き職業体験の中学生さん2名と、Blanc-Co3名で行いました。

まずは二間続きの座敷の間に敷居を入れました。

床の厚さより、少し厚めに挽いて、角をカンナで面取りし、木工用ボンドで取付。

誤差や、不動沈下などにより、床のレベルが一定でないので、一間ごとにレベルを少しずつ変えることにしたのですが、この敷居でレベル差を吸収します。

余談ですが、建築現場用語で、こういうことを「逃げ」と言いますね。

5そんな作業をしている間に、白子の古民家リノベーションの第一人者で材木屋さんの、おなじみ(?)横田木材さんが、床材を搬入。

無垢の杉とヒノキのフローリング、自然素材100%です!

6土間との敷居をスタート地点として、慎重に1列目を貼った後、順番に床貼りスタート。

接着剤と、フローリング釘で順番に留めていきました。

72列目からは、作業そのものは簡単で、女性メンバー松原さんや、中学生さんにも手伝ってもらいつつ、最初の1部屋(8帖)の半分ぐらいまで貼りました。

お手伝いいただいた皆様、本当にありがとうございました!

この後も、随時、床張り作業を行っていきます。
情報を発信していきますので、ご興味のある方、体験してみたい方は、ぜひご参加ください!

そして最後に、ヒロモリ家に新しいアイテムが追加になりましたので、お知らせします。

10Blanc-Coのロゴマークを白抜きした、伊勢型紙カラーののれんが出来ました。

これが掛かっていたら「ワークショップを開催しています」のサインですので、今後お見知りおきください。

もし見かけたら、お気軽にのぞいていただければと思います!

(宮崎)

第4回ワークショップ開催

2015年8月11日(火)9:00~17:00
会場:ヒロモリ家

1
この日は、ヒロモリ家の床貼り替え作業の1回目でした。

参加者はBlanc-Coメンバー4人と、一般の方2名、有償でお願いした大工さん1名でした。

床貼りはDIYで行う予定なのですが、今回は下地工事であり、ちょっとメンバーの手におえない可能性があり、また地盤の沈下や、建物のゆがみなどを一緒の直すチャンスでもあるため、大工さんに来ていただくことにしました。

2まずは先週、畳を処分した床の部分の下地板、大引き、束を解体。

こちらはプロでなくとも出来るので、バールやくぎ抜きを借りて、みんなで作業しました。

3床の解体が終わると、レーザー墨出し器を使い、高さを測定。
高いところと低いところがあり、そのまま床を貼ると、ひずみが目立ってしまうため、一部ジャッキアップなどを行いました。

窓の下枠が反っていたところも、束の木を切って調整。

4だいたい気になるところを直してから、下地のベニヤを乗せる掛け(かけ)を取りつけました。

5床の作業はそのあたりまででしたが、並行して、中庭の草取り、道路に面した窓の、格子と建具を取り外し、洗浄も行いました。

床下の地面が見えて、窓を解放したことで、隠ぺいされていた部分の風通しにもなり、建物によりよい環境になってきたと思います。
心配していた白蟻の被害はありませんでした。

次回も引き続き、床組み作業を行います。

下地のベニヤと、仕上げのフローリングを貼る時点で、参加募集をさせていただきたいと思っておりますので、ご参加よろしくお願いします。

(宮崎)

長野市善光寺門前町見学ツアー~CAMP不動産さん訪問~

2015年7月20日(月)

1ちょうど1年前に長野市善光寺門前町で、空家のリノベーションを多く手掛けて注目されている、カネマツの皆さんにお話をうかがいに行きました。

今年は去年工事中だった、CAMP不動産ベースが完成しており、事務所を移られたということで、今回はそちらを訪問しました。

2以前、事務用品などの倉庫だった建物ですが、見事にオシャレなオフィスになっていました。

去年の訪問が、Blanc-Coが活動を始める大きなきっかけになったのですが、活動を始めて1年経ち、その時はわからなかった問題点が明らかになりました。

そういう点を、具体的に教えていただけたらということで、もう一度おうかがいすることになりました。

お忙しいなか、建築家の宮本圭さんと、マイルームの倉石智典さんに、快く対応していただいて、本当にありがたいことでした。

とても参考になり、去年に続いて、大いに刺激をいただきました。
今後の活動に生かしたいと思います。

お話を聞いた後は、新しく出来たリノベーション物件を見学。

3

4布団の綿を売っていたお店をリノベーションした、革製品の工房を併設した販売店や、美容院をリノベーションした、アウトドアのお店など、ステキなお店が増えていました。

(宮崎)

第3回ワークショップ開催

2015年7月17日(金) 9:00~12:00 会場:ヒロモリ家

1第3回のワークショップは、古くなった畳の処分を行いました。

1階、2階、奥の納屋と合わせて50枚近くあった畳を運びだし、処分場に持っていきました。

参加者は第1回ワークショップに来てくださった1名様と、Blanc-Coメンバー3人でした。

2台風が近づいていて、小雨のぱらつくお天気でしたが、1時間ほどでトラックに積み込むことが出来ました。

3処分場に走る前に、古い畳に住みついていたダニやノミを、この際、駆除しようということで、ダニアースを散布。
個人的に、こういった煙の出る殺虫剤を使うのは初めてで、煙が出るまで眺めてしまいました(笑)
なかなか面白いものですね。

なお、2階は以前と同じように畳を敷いて、1階はDIYで板張りにする予定です。

(宮崎)

第2回ワークショップ開催

2015年6月14日(日) 13:00~16:00 会場:ヒロモリ家

やましん撮

片付けが九分通り終わり、いよいよリノベーションに入ろうというヒロモリ家ですが、今回はまず、荷物を納屋に移動し、1階の座敷の物を全て移動する作業をお手伝いいただきました。
3

これから床の貼り替え作業を行う予定なのですが、それに平行して、ヒロモリ家にあったレトロな家電、製品、そしておもちゃをディスプレイしようと考えています。

そのために、どのようにディスプレイをするか、考えていただきました。

4ご参加いただいたい方は、4名とお子さま1名。

5Blanc-Coからは宮崎と松原も参加し、アイデアをスケッチブックに書いて、色鉛筆で色を塗り、プレゼンテーション。

最後に投票して、最優秀案を決めました。

1最優秀はこちらの案。

残念ながら、Blanc-Coメンバーは入賞を逃しました(笑)

その他のみなさまの案も、いずれも素晴らしいアイデアとデザインで、どれもやってみたいと思いました。
1つしか出来ないのが残念です。

2途中、白子の田中観月堂さんの和菓子をいただきましたが、こちらも素晴らしいデザインでした。

蛍が中にいるんですね。

蒸し暑い季節に、涼しげで風情のあるお菓子でした。

(宮崎)

第1回ワークショップ開催

2015年5月16日(土)

1ヒロモリ家で行う、Blanc-Co主催の第1回ワークショップ「いい汗かいて、いい飯食おう~BBQ~」を開催しました。

裏庭を整備して、そこでバーベキューを行うという内容でした。

作業開始時点で3名の方に、ご参加いただきました。

2ヒロモリ家の簡単な説明と、自己紹介、作業内容の説明をして、作業開始。

3裏庭の草取りと、畑になっていたところの石をどかせて、土をかさ下げし、平坦にしました。

4このあと、土を搬出して、一部草が生えないように、防草シートを施工する予定ですが、この時点では、土を積み上げておくところまでにしました。

その他、トイレや流し台を掃除して、使用できるようにしました。

かなり生活、または、仕事場などに使えるスペースに近づいてきました。

69時に作業を開始して、11時にいったん終了し、バーベキューの準備に入りました。

食材を購入するグループ、現地で会場設営するグループに分かれ、準備開始。

5買ってきた野菜は、掃除した流し台のところで切りました。

なお、お酒や飲み物は、メンバーが持ってきたものや、参加者さまに持ってきていただいたもので、ほぼ足りました。
会費の1000円を集めて、食材その他の消耗品等を購入しました。

713時におまちかねのバーベキュー開始。

適度に作業した後の、バーベキューは最高においしかったです。

参加者は最終的には大人6名、子ども2名の、8名となりました。

8だいたいお腹がいっぱいになると、座談会開始。

11白子の空家活用についてや、古民家リノベーション、まちおこし活動についてなどのアイデアを出しあったり、情報交換しました。

9また、参加いただいたお子さまには、ヒロモリ家に残っていた、おもちゃの在庫を使って、遊んでいただいたりもしました。

16時に片づけを開始して、ワークショップは一旦終了。

とっても楽しくて、思った以上に有意義な時間となりました。

(宮崎)

ヒロモリ家片付けも終盤

2015年4月7日(火)

1ヒロモリ家の荷物運び出しも、だいぶ進みましました。

1階、2階の荷物が片付き、裏の納屋もほとんど片付きました。

2月に1回目の運び出しを始めた時は、終わりの見えない作業でしたが、各室、各棟の床が見え始めると、がぜん楽しくなってきました。
それにしてもかなりの荷物です。
2t車で、6回は走ったでしょうか。

3まだ、1車以上ありそうですが、ようやく終わりが見えてきました。

やはり、荷物を片づけることが、リノベーションの第1歩なのだと実感しました。

前回の片付けから、アンティークショップをされている横田材木店(ヨコモク)の横田さん(奥さま)が、いらっしゃって、商品になりそうなものを選別していただいています。
建材のみならず家財なども、有効利用したいというのが、Blanc-Coの活動主旨の一つです。

そういう点では、今回は古民家再生の先駆者である、ヨコモクさんにもご協力いただきました。

10983183_808576705885019_3575829309982284968_nそして、余談ではありますが、有効利用という点ではもうひとつ、ヒロモリ家にあった、使えなくなって処分することになった商品を、東北の被災地で立ち上がった劇団の小道具としても利用していただきました。

パジャマ、ぬいぐるみなどを使っていただいています。

ヒロモリ家の片づけは、後日、ヨコモクさんの取り置き商品を運び出すと、いったん終了し、次の段階に入る予定です。

(宮崎)